現役プログラマー村健の、投資に役立つプログラムを作るための勉強ブログです。 自動売買、システムトレードに挑戦!します。 勉強と習得の成果を記録です。
本ブログについて
本ブログは、プログラマー観点で投資への対費用効果を上げるために何ができるか?を考えていくブログです。
基本的には、ツール作成・公開、投資に関わるプログラム情報、最終的には 完全なる自動売買を目指しています。

現在、HPの方で現在作成中のツールや発注ロジックなどを公開中です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングのクリックにご協力お願いします<(__)>
FC2ブログランキング
blogRanking
くる株・株ブログランキング
株・投資ランキング
日中に行うプログラム自動売買であれば、本職のある人はパソコンの電源をつけたままにしておかなければいけません。でも電気代がもったいないし、嫁に怒られるかもしれません。
または、1日1回のデータ収集&分析が必要なツールであれば、これもパソコンに自動でやって欲しいものです。

そこで、パソコンの電源を自動でONにする方法です。

●電源の自動ONが可能なパソコン
BIOSにタイマ起動があれば可能です。これがなければ自動での電源ONはできません。
(タイマーで電気が入る、電源装置を自作する手もありますが、大変でしょう)
変わりの方法としては、
・スタンバイ状態であれば、ツールを使って起動できる
・BIOSに「WakeOnLAN」機能があれば、LANおよびインターネット上から別のパソコンにより電源を入れられる
などがあり、別途記載します。

●タイマー機能の有無調査方法
実際にBIOSのセットアップ画面を表示して、メニューにタイマ起動に該当する機能があるかを確認します。
表示はBIOSの種類によって異なり、「Auto Power On」「Wake On RTC Timer」「Power Up Control」等となっています。

BIOSのセットアップ画面は、パソコン立ち上げ時に特定のキーを押すことによって表示されます。キーはパソコンによって異なるので、マニュアルをみるか、パソコン立ち上げ画面で表示されていればそれを見るかして下さい。
一般的には、電源を入れたときに表示されるパソコンのロゴ?画面で、DELキーを押せば表示されます。

●設定方法
設定できる項目もBIOSの種類によります。
平日/休日と指定できるもの、曜日毎に指定できるものや、
時分秒まで指定できるもの、時までしか指定できないもの、などあります。
希望通りに設定できない場合は、あきらめるしかありませんね。。。

ブログランキングのクリックにご協力お願いします<(__)>
FC2ブログランキング
blogRanking
くる株・株ブログランキング
株・投資ランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://investprogrammers.blog70.fc2.com/tb.php/200-7b2002db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。