現役プログラマー村健の、投資に役立つプログラムを作るための勉強ブログです。 自動売買、システムトレードに挑戦!します。 勉強と習得の成果を記録です。
本ブログについて
本ブログは、プログラマー観点で投資への対費用効果を上げるために何ができるか?を考えていくブログです。
基本的には、ツール作成・公開、投資に関わるプログラム情報、最終的には 完全なる自動売買を目指しています。

現在、HPの方で現在作成中のツールや発注ロジックなどを公開中です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングのクリックにご協力お願いします<(__)>
FC2ブログランキング
blogRanking
くる株・株ブログランキング
株・投資ランキング
以下、ITトレンドより引用

米Googleは米国時間2008年6月2日,同社の金融情報サイト「Google Finance」において,店頭株式市場NASDAQの株価情報のリアルタイム提供を開始した。同社がこれまで配信していた株価情報は15~20分遅れのものだった。

 同社Market Data Gnome部門のMatthew Simmons氏が公式ブログに投稿した記事によると,NASDAQのパイロット・プログラム「NASDAQ Last Sale」を利用して,毎秒自動更新される株価を提供する。

 ちなみにGoogleのほか,米CNBC,米Dow Jonesが運営するThe Wall Street Journal Digital Network,金融Webサービスを手がける米Xigniteも同プログラムに参加している。また米メディア(CNET News.com)によると,米Yahoo!も米BATS Tradingと提携し,先月末から「Yahoo! Finance」でリアルタイムの株価情報を提供している。

引用ココまで

アメリカではリアルタイム株価情報を取得できる環境が整いつつあるようです。
日本では今のところ楽天証券のRealtimeSpleadSeatくらいしか手軽にリアルタイムデータを取得する方法がありません。
サービスの詳細はわかりませんが、現在Googleが提供している色々なサービスは無料で高機能なものばかりなので、きっと期待できるものなんじゃないかと勝手に思ったりしています。
日本でもサービスを開始してもらいたいですね。

ブログランキングのクリックにご協力お願いします<(__)>
FC2ブログランキング
blogRanking
くる株・株ブログランキング
株・投資ランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://investprogrammers.blog70.fc2.com/tb.php/223-800ccf43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。