FC2ブログ
現役プログラマー村健の、投資に役立つプログラムを作るための勉強ブログです。 自動売買、システムトレードに挑戦!します。 勉強と習得の成果を記録です。
本ブログについて
本ブログは、プログラマー観点で投資への対費用効果を上げるために何ができるか?を考えていくブログです。
基本的には、ツール作成・公開、投資に関わるプログラム情報、最終的には 完全なる自動売買を目指しています。

現在、HPの方で現在作成中のツールや発注ロジックなどを公開中です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングのクリックにご協力お願いします<(__)>
FC2ブログランキング
blogRanking
くる株・株ブログランキング
株・投資ランキング
現在、VBAでいろいろ遊んでいるのですが、
自動売買プログラムを作る人の手間が省けるような
仕組みを考えてみたりしました。

自動売買のロジックは各人の手法があると思いますが、
各証券会社へのWebによるやりとりはほぼ同じロジックになるので、
共通な処理として提供しよう、というものです。
(プログラマーにはあたりまえの事ですが^^;)

誰かこういったソースを配布していないものでしょうか。
と思いつつ、暇つぶしに考えて作っています。

・自動銘柄選定ロジック
 リアルタイムデータを分析して買い・売りを判別する、
 各人ごとのオリジナルなロジック

・各証券会社アクセス用標準モジュール
 証券会社へのWebを使ったアクセス機能をまとめたもの

・共通Webアクセス処理群の標準モジュール
 Webにアクセスする為の機能をまとめたもの

「各証券会社アクセス用標準モジュール」と
「共通Webアクセス処理群の標準モジュール」を
公開・提供します。

使い方としては、「自動銘柄選定ロジック」で証券会社へのWebアクセス
を行いたい場合は、
「各証券会社アクセス用標準モジュール」の関数に
いくつかの条件を渡してコールします。

例えば、
この銘柄が買い!と判断した場合は、
「各証券会社アクセス用標準モジュール」のOrder関数に
銘柄番号、現物、買い、成り行き、株数、を渡してコールすれば完了。

その他に、ログイン、確認、取り消し等、ほとんどの機能を
関数コールで実現します。

「各証券会社アクセス用標準モジュール」は、証券会社毎に
ファイルを作成する必要があります。
それを補助するために、テンプレートと、「共通Webアクセス処理群」
の標準モジュールを用意します。


こういった共通処理を部品化できれば、以下の恩赦を受けることができそうです。

・証券会社へのアクセス(ログイン、発注、確認等)は関数コールだけでよくなり、
 「自動銘柄選定ロジック」のみに注力できる。

・もし証券会社のHP構成が変わっても、
 「各証券会社アクセス用標準モジュール」を新しいものに入れ替えるだけで、
 「自動銘柄選定ロジック」に手を加える必要がない。
 また、新たな証券会社が増えても同様である。

・複数人でもみくちゃにされれば、高機能なものが出来上がる。
 (バグがない、多機能、高速)

デメリットもあるとは思いますが

 ・「各証券会社アクセス用標準モジュール」を新規作成・更新は誰がするか

 ・場合によっては、「自動銘柄選定ロジック」にも手を加える必要があるかも

 ・処理速度と安定動作のトレードオフ



その他にも、売買判定用のロジック、資金管理等、
共通化できる部品があるなら共通化したいですね。

最終的には、他言語で作成したDLLでの提供ですね。

そうすれば、VBAユーザは処理速度が速くなりますし、
他言語でプログラムしている人も使うことができます。
VB.NETならVBAからの移植も簡単ですしね。


以下、試しに作っているものです。
クラスを使えばもっときれいになったのかもしれませんが、
調べたらVBAのクラスは継承ができない?
のような事が書いてあったので、
とりあえず全部標準モジュールです・・・

ソースはここにのせてます。

ブログランキングのクリックにご協力お願いします<(__)>
FC2ブログランキング
blogRanking
くる株・株ブログランキング
株・投資ランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://investprogrammers.blog70.fc2.com/tb.php/33-5feaa00f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。