現役プログラマー村健の、投資に役立つプログラムを作るための勉強ブログです。 自動売買、システムトレードに挑戦!します。 勉強と習得の成果を記録です。
本ブログについて
本ブログは、プログラマー観点で投資への対費用効果を上げるために何ができるか?を考えていくブログです。
基本的には、ツール作成・公開、投資に関わるプログラム情報、最終的には 完全なる自動売買を目指しています。

現在、HPの方で現在作成中のツールや発注ロジックなどを公開中です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングのクリックにご協力お願いします<(__)>
FC2ブログランキング
blogRanking
くる株・株ブログランキング
株・投資ランキング
ツールのデータ管理はDBにて行っています、テータの構造が単純なこと、
速度、公開などを考えた結果、バイナリ形式にしようと思ってます。
株価データの構成としては、
A案
・全銘柄の1日の始値、終値、高値、安値、出来高を1ファイルとする。
 (例:\株価データ\20060510.dat、といったのが銘柄分できるイメージ)
・その他の分析データも同様に1日ごとに全銘柄で1ファイルとする。
 (例:\分析データ\平均値\20060510.dat、、、)
・メリットとして、データをバッファに展開すれば、構造体と配列でダイレクトにアクセスできそう。
・懸念として、分析用データ算出やシミュレーション時に複数ファイルをOPENする必要(メモリは足りるか?)orファイルOPEN回数が多くなる、等ある。
B案
・1銘柄の全日の始値、終値、高値、安値、出来高を1ファイルとする。
 (例:\株価データ\1301.dat、といったのが銘柄分できるイメージ)
・その他の分析データも同様に銘柄ごとに全日で1ファイルとする。
 (例:\分析データ\平均値\1301.dat、、、)
・メリットとして、A案の懸念がなくなる。
・デメリットとして、A案のメリットがなくなる(日付のアクセスが不便?)

ブログランキングのクリックにご協力お願いします<(__)>
FC2ブログランキング
blogRanking
くる株・株ブログランキング
株・投資ランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://investprogrammers.blog70.fc2.com/tb.php/4-5ba5fc3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。